ドリームハウス ドリームハウスレター
・ ホームへ戻る


        
 写真同封「ドリームハウスレター」      過去のレター 


毎年1度、私共は古巣のアメリカへ『センチメンタルジャーニー』を決めこみます。
ドールハウス/ミニチュア・ディーラーショーの開かれるラスベガスは主人の大好きな町なので、
出席する私に喜んで同行してくれます。 ショーが終るとホテルを替えてバケーションを楽しみます。
昔お世話になったお友達を訪れるのも目的のつです。
最後はニューヨークで、お百度参りしたメトロポリタンオペラを訪れてオペラの連夜です。
24年も住んだアメリカは、二人にとって日本より自由を感じられるので鋭気補充の必須の旅なのです。
何よりも ドールハウスの作品に「私らしさ」を残すためにも、アメリカンテイストを忘れるわけにはいきません。
主人の引退後の恒例のバケーションですが、皆さまともご一緒した気分でお楽しみ頂ければと存じます。

      
 

     43年の連れ合いです。           カリフォルニアのシエラネヴァダ山脈を越えると・・・


 ラスベガス

毎年ミニチュアディーラーショーの開かれる
  ラスヴェガスの「オーリンズホテル」の装飾は
  ニューオーリンズのマーディ・グラ(カーニバル)
       新製品 1/2 スケール家具

    




  ミニチュアショーが終わってホテルを移動、豪華なロビーのインテリアの 「PARIS HOTEL」
    私はシャンデリアの煌めきと手描きタイルが大好き!

 





  1階はロビーに続いてカジノとショッピング街・・・パリの夕空の下に納められている感じです


 



  クレープ屋さん                             パリ風の建物

 



  ノートルダムのステンドグラスを思い出させるモールの大きな天井のステンドグラス

 

 


チェックインした部屋の家具はニューマホガニーのフレンチカントリースタイル・・・ドールハウス家具みたい
 

  デトロイト

暖かいラスヴェガスから雪国の古巣へ友人たちを訪れました
  郊外の新興住宅で優雅に暮らす岩瀬美子さんはすべてにパーフェクト
  キルトの達人、ドールハウス、トールペイント、お料理の名人です。


 




毎晩寝ているとは思えないくらい綺麗なベッド。  美子さんは綺麗好きだから広いお家でも散らからない・・・
 高くて登るのに一苦労・・・落ちたらケガしない? 私はモノを溜めすぎたので帰国が決まった時は苦労しました。
 

 




いいなあ・・・ せっせと陶器や工芸品をコレクションするのはご主人様。 メリーゴーランドのようなオルゴール
 

 



 
  毎年私の訪れを待ち望んでいてくれるミシガンのママ、ジニー・・・87歳、日本からのプレゼント!

  




  今年から一人暮らしになってしまったので寂しくて・・・     私が昔から好きな椅子も健在
   ジグソーパズルばっかりやっている。                今度ミニチュアで作ろう・・・

 
   




 
  ブリッジとゴルフ(ひと夏に百数十回する・・・昔は二百回)
   だからゴルフ場の中のアパートメントに住んでいます
       一緒にスーパーマーケットへ

   




  デトロイトへ行く楽しみの一つはサマーセットモールでの「ショッピング」と、「プライムリブステーキ」
 
   
 




  世界中のトップブランドが並んでいる。ニューヨークより消費税も安くて、空いていて、応対が丁寧です。

  




  可愛い子供服                          宝石屋のバレンタインセール

 

  
 

   ニーマンマーカス(デパート)の天井から白い蝶々が舞い降りて・・・

  


 

     食器と陶器が大好きな私のお楽しみのコーナーです

 

 



忘れられないステーキハウス・・・・デトロイト郊外のサマーセットモールにある CAPITAL GRILL。
  全館の内壁はマホガニーで貼りめぐらされ、アールヌーボーのランプがシックです。
  フォード、ジェネラルモーターズ、クライスラー、ダッジ、ケロッグコーンフレークス・・・
  ダークな壁にはミシガン州の誇りである企業の創始者達の豪華なポートレートが掲げられています。
  いつの日かアメリカの食文化を楽しむ、こんな素敵なレストランを作品にして見たいと思っています。


                           
  プライムビーフステーキの店            マホガニーの壁面のワインルーム。

 

 

 冷蔵室(?)でプライム種ビーフ(特選牛肉)が   これがプライムビーフステーキです。
  熟成(ドライエージド)されている様子を見られる    日本の牛肉とはまた違った最高の味です。


 


  この他に「ロブスター&クラブケーキ」というロブスターの爪肉とタラバガニのハンバーグが
   ・・・ああ最高です。昔は半分残して持ち帰って、翌日おしょう油を付けて食べました。
   日本でもどこかのレストランで作ればいいのに・・・レシピをきいて作りましたが、
   私は材料をケチったので失敗しました。



 ニューヨークへ   

   いつも空から「自由の女神」を見たとたんにホッとする私です。






オペラ座とセントラルパークに近いホテル・・・看板が何処にもなくて、高級マンション風情。
 ニューヨークのホテルは古い建物なので部屋が狭い。
 白壁にマホガニーを貼って、りモデルした部屋。金属性の冷た〜い椅子。照明不足のおしゃれな部屋。
 オペラ座に歩けるからウチは宿泊するけど、ここは背が高くて、若くて、目が良いアメリカジン対象なの?





若いニューヨーカー達の憩いの場所? エレベーターにアミタイツのプッシーキャット(セクシー猫)が
  乗ってきたので、彼女の降りた先を「パチリ!」。 フロアーを借り切ってパーティをしていました。






 食べ物は美味しい。中庭のようなレンガの壁。6メートル高さの食器棚・・・下部しか使っていない。
  中央の調理カウンターではアジア人コック達が大きな鉄板とブロイラーでジュウジュウ焼いている。






鉄板だからミディアムレアのハンバーガーは最高! 
 プライムビーフの切り落としを挽いているのでしょうか?    フルーツも新鮮でたっぷり!


 



セントラルパークの傍に「コロンバスサークル」というショッピングモールが誕生しました。










             ついつい「カード」と本は買ってしまいます。

 




                              ガラスの芸術作品 2点 

 


  ニューヨークの主目的は メトロポリタンオペラ
    象徴であるモダンなシャンデリアが劇場の内外の天井を飾る



 
   ロビーには「オセロ」のデスデモーナの着た衣装も展示されている




   何度目かな?『フィガロの結婚』は・・・ いつも、今回が最高!
     この舞台装置が見たくて私はニューヨークまで行くのです。




家路は「ノースウェスト747−400」で。 この椅子は最高ですって・・・180度に倒して熟睡できます。
 私は一睡もしないで、2つのリモコンでスイスイ・・・13時間で映画4本観て、後はズーッとゲームで常勝!

  





     どうぞご意見をお寄せ下さいませ。   



  ▲ このページの最初へ戻る ▲ ホームへ戻る      World Travel
大庭ひろこ主宰・アメリカンドールハウススタジオ「ドリームハウス」 神奈川県葉山町在。 hiroko@dreamhouse.jp
本サイトに掲載された写真・記事を無断で転載、再利用することはできません。
「ドリームハウス」の大庭ひろこ作品および「ドリームハウス」の名称は商標登録を取っています。無断でコピー作品を作ることや「ドリームハウス」の名称を使用することはできません。
Copyright (C) 2002 DreamHouse Hiroko.Ohba All Rights Reserved.